ワキガ対策にはこまめなケアとワキ脱毛

ワキガ治療・対策|あなたにピッタリのワキガ治療とは?

MENU

ワキガ対策にはこまめなケアとワキ脱毛

ワキガ治療

私は高校生のころからワキガに悩まされていました。自分ではワキガというのは分からなかったのですが、母から洋服のワキについた汗の臭いがひどいと言われ、ワキガであることが分かりました。夏になると特に汗の臭いが気になり、休憩時間になる度にトイレに行って汗ふきシートでワキを拭いて、制汗剤をつけていました。少し油断をすると制服のワキのところが汗で濡れたようになり、周囲の人に汗の臭いで不快な思いをさせていないか不安になっていました。

 

できるだけ汗の臭いを抑えるために、たくさんの種類の制汗剤を試しました。スプレータイプの方が手軽でしたが、スプレーするよりはワキに直接塗るほうが効果があることが分かりました。また香りがついた制汗剤は汗の臭いと一緒になって余計に不快な臭いに変わってしまうため、無臭のものを選びました。またワキのムダ毛があると、汗の臭いが余計にひどくなるので、ワキのムダ毛をきちんと処理することを心がけました。

 

このようにワキガに対してこまめなケアーをしていたのですが、常にワキのことを気にしておかなければならないので大変でした。少しでも負担を減らそうと思い、ワキのムダ毛がなければ汗の臭いも少しはマシになるだろうと高校を卒業してから脱毛サロンに通い、ワキ脱毛をしました。施術が完全に終わるまで2年かかりましたが、ワキのムダ毛が無くなってからは制汗剤をきちんと付けておけば臭いが気にならなくなりました。今では以前ほどワキの汗の臭いを気にしなくてよくなり、ずいぶん楽になりました。

 

汗ジミ対策

 

だんだんと暖かくなり、上着がいらなくなってくると汗ジミが目立つようになりますよね。
自分では気づいていなくても、後で目立ていたと気づくことってあると思います。これでは、せっかくおしゃれをしていても台無しですよね。

 

そこで、私が実践している汗ジミ対策をご紹介します。
私自身も、汗をかきやすいため、実践している対策方法です。

 

対策方法は、3つあります。

 

1つ目は、汗の目立つ洋服を着ない。
暑い時期になると、汗はどうしてもかいてしまいます。
そのため、汗をかいたときに備えて、なるべく汗ジミが目立たない洋服を選びます。グレーのTシャツなどは、汗がすごく目立つので絶対にNGです。
また、コットン素材で色つきのものは、汗をかくとその部分だけ色が濃くなってしまうので注意が必要です。
Tシャツを着たい場合は、体にフィットしない少し大きめのサイズを選ぶといいです。

 

2つ目は、袖のあるインナーを着る。
タンクトップやキャミソールでは、脇に汗をかいた時に、外側の洋服に直接汗がついてしまいます。
袖のあるインナーを着ることで、脇汗を吸収し汗ジミを防ぐことができます。
ユニクロや無印良品では、フレンチスリーブ型のインナーが売っているのでこういうアイテムを活用しましょう。

 

3つ目は、脇にフィットしない洋服を選ぶ。
大き目のサイズを選ぶことで、脇と洋服の間に隙間ができ汗ジミができにくくなります。
ドルマンスリーブなどの袖がゆったりしたアイテムもおすすめです。

 

 

以上の対策をすることで、汗ジミを防ぐことができます。
汗ジミ対策をして、暖かい季節を気持ちよく過ごしましょう。

 

ワキガ治療